« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

いつの間にか、ワカサギ釣りに

三位を死守すべく、近場を丁寧に攻めるも、大型は少なくマイクロピンの巣窟が点在。平松はあんなに良型だったのに、今日はワカサギばっかり。何とか10センチオーバーを32匹ゲット。でも、S浦さん 38匹で年間匹数で抜かれてしまいました。来年ガンバロウ

| | コメント (0)

表彰式

表彰式
今回も5位。年間匹数は、4位でした。

| | コメント (0)

今年最後の例会 パーツ前

今年最後の例会 パーツ前
薄暗い中、ルアーマンが大挙。とてもひんやりした朝でした。波もなく穏やか。

| | コメント (0)

平松に入りました

平松に入りました
9時前からののんびり釣行。近場で、小気味よいアタリを楽しんで来ました。

| | コメント (0)

ナカナカ渋くて・・・・

金曜日に退社する時に、チョッと小雨がパラツイテいたので、エサを購入せずに帰宅しましたが、今朝起きると快晴だったので、急遽出掛けることにしました。
エサをよく立ち寄るF田港近くのS音で例によって300円購入。

主人がすぐ東で最近釣果が見られていると言われたので、取りあえず立ち寄って見ました。が、ルアーマンの大集団。
とても入れないと思い、師匠に電話した後に、O野海岸に入りました。

ここでもルアーマンが大挙して竿を振っていましたが、駐車場から少し東はそんなに人も多くなかったので、そこで構えることとしました。
第1投目は素バリだったものの、駆け上がりの肩を狙った2投目からは18センチクラスが見られました。

10時になって、全くアタリがなくなり、8匹になったところで、師匠の居る通称●小屋前に移動。師匠の横の人がコンスタントに上げているとの事。
移動途中で、N井さんに久しぶりに遭遇。挨拶だけして師匠の所へ。

見ると隣の人はとても投げて居るとは言えないようなフォームでせいぜい2色と言った距離なのに、毎回1つ以上付いてきています。
速効で準備して第1投。2色で1匹ゲット。

が、その後が全く続きません。師匠もサッパリ。。。。。。
その間も、隣の人はちゃ~んと釣り上げています。

この違いが分からないまま、12時を越えていたので、空腹で納竿としました。
む~~~疲れました。

| | コメント (0)

性の悪い船 第2弾

性の悪い船 第2弾
沖合3色を航行する性の悪い船 沈め〜 彼らはキット不漁だぞ こんな漁をしているの、家族は知ってるのでしょうか?

| | コメント (0)

いくら何でも

いくら何でも
●松方面から東進してくる2隻の曳舟の片方。今にも座礁するんじゃないかと心配したくなる程海岸線ギリギリまで寄ってくる船。この船が東から来た時、力糸を切られました。H名漁協の船でした。性格悪〜

| | コメント (0)

数は少ないですが

数は少ないですが
お持ち帰りは、22センチを頭に結構良型が揃っていました。

| | コメント (0)

お休みをいただきました

お休みをいただきました
ベタ凪

| | コメント (0)

例会速報

今月は2回 例会が開催されます。
今日はその1回目。

例によって、5時30分に大倉戸駐車場に集合。
海況が芳しくないし、釣果もここ1~2日が不良との事で、ガソリン代も高価になったし、と言うことで舞阪灯台西側を会場に行うこととなりました。

海を少し離れて見るとそんなに悪くない感じでしたが、実際に近づくと結構暴れています。
昨年の今頃の例会では束釣りが出来ましたが、今日の海ではとても無理。

遊動天秤を取り出して、先ずは30号のトップガン仕様でアタリの確認。
と、1投目から4色で派手なアタリ・・・・
上がってきたのは、通称アゴなし。これが2投目も続き、キスの気配は無さそう。

が、西に入っていたT中さんが1匹ゲットするのを目撃。
師匠共々『いるじゃん・・・』と気合の入れ直し。

でもサッパリキスらしい反応なし。クロダイが2色で大当たりの連続。
T中さんの西に移動したとたんに18センチがようやくヒット。

なんだかんだの繰り返しをしている内に11時終了。
腰が痛くて、フルスイング出来ず。。。。。。

今日の感想
 遊動天秤のあたりは予想以上に明確。
 ただし、超近投では乗りが悪く、クッションゴムが必要かな

結果
 潮目   7時満潮
 仕掛け  キス6号スペデコ仕様
       金袖
 エサ   石ゴカイ、青ジャムシ、塩漬けチロリ
 釣果   キス 9匹
       クロダイ、アゴなし 10匹

| | コメント (0)

例会でした

例会でした
舞阪灯台西で例会でした。波が高く、手前は濁りがありました。引き潮になって落ち着いてきましたが、渋かったです。

| | コメント (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »